FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あらら、とんと更新してませんでしたね...久しぶりですね。

忘備録的にアップしておきます。

10月20日(火)は神奈川芸術劇場での現場でした。
横浜にある服飾学校の生徒さんのファッションコンテスト。
昨年に引き続きの会場でした。いい音響システムが入っているので手ぶらでも
済んじゃいそうな感じですけど、一応卓まわりと細かい物だけ持ち込んで。

DVC00486.jpg
手に触れる機材は使い慣れた物がやりやすいものなのです。
特に「タタキ」とか言われるキッカケ出しの機材は手に馴染んだ物を持ち込む事
が多いです。どれが一番いいとかではなくて、自分の意のままに操れて信頼できる
機材ね。そこで余計な神経使う事なく本編に集中できるからね。

そうそう、僕らは機材使って仕事してますけどね、もちろん良い機材があるに
越した事はない。楽に良い音出ますから。でもそれは機材が良いからであって
誰がやってもある一定のレベルの音が出る訳で。
ここ、難しい話なんだけど、オペレータはそこに安住しての仕事は良くないと
思うのです。それで良い仕事も存在しますし否定はしません。
ただ一番重要なのはオペレータという「人」だと言う事を忘れないようにしたいのです。
そのオペレータの感覚というかセンスが全て。そのセンスで「こういう音にする」
ために「この機材をこう使う」という、ここが最も重要なプロセス。
この「人」の部分は形のないものだから...だからわからない人も若干いるようですけど。

と面倒くさい話ですけど。わかる人にわかってもらえればいいのかな。

話はそれましたが...現場は無事に終わりました。
DVC00494.jpg

そうそう、以前努めていた会社での元部下のスタッフに手伝ってもらいました。
当時はペーペーでしたが、ツアーを一緒に回ったり楽しく現場をこなしていて、
結婚を期に会社を辞めて今は良き母親となり、子供も大きくなったようで最近バイト
なんだって。時の流れを感じるなぁ(笑)

あ、自分で書いてて「昔」ネタが出てくると「おっさんになっている自分」を
実感してしまう。現におっさんだけどさ、だけどさ...

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://works2009.blog61.fc2.com/tb.php/437-8fed3827
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。